Profile

Yuka Miyauchi (Squid artist painter)

Born in 1985 in Kagoshima Prefecture. Graduated from Tara School of Design. Around 2004, was drawn to the beauty and deliciousness of squid a neighbor had just fished and since then, has single-mindedly been creating paintings of squid. Selected for the 22th Taro Okamoto Award for Contemporary Art and won second place in the Tokyo Midtown Award 2019 Art Competition. Has exhibited at the National Squid Processing Cooperative Association’s 50th Anniversary Ceremony at Hotel Okura Tokyo (2015, Tokyo), Cephalopod International Advisory Council (CIAC) Advisory Committee Hakodate Conference at Hakodate Kokusai Hotel (2015, Hokkaido), Cephalopod Interface in Crete at the Crete Aquarium (2017, Greece), as well as at solo exhibitions, “Ika Swim” at Retroft Museo (2018, Kagoshima), “Street Museum” at Tokyo Midtown (2020, Tokyo),among others.


イカ画家 宮内裕賀 Yuka Miyauchi
1985年、鹿児島県生まれ。タラデザイン専門学校卒業。
2004年頃に近所のおじさんが釣ってきたイカの美しさと美味しさに魅了され、 以来ひたすらイカの絵を描き続けている。イカに生かされている。
イカ墨、イカ甲、イカ水晶体などを画材に加工しイカでイカを描いている。
技法は水彩、油彩。水彩はイカ墨とイカ甲と透明水彩、油彩は下描きにイカ墨を使っている。
私は絵を描くためにイカを描いているのではなく、イカを描くために絵を描いています。自然の中でここまで成長してたくさんの人の手を経て、自分のところまできてくれたイカのことを思い、そのイカを描くための力をイカにもらっています。イカを素材にすると大事に描くことができます。イカの一生を受け取り、作品にいかします。
なぜイカを描いているかと疑問に思われないくらいイカを伝えられるようになりたくてイカを描いています。



第14回ナマ・イキVOICE アートマーケット グランプリ
第22回岡本太郎現代芸術賞入選
TOKYO MIDTOWN AWARD 2019 アートコンペ準グランプリ
マネックスグループ ART IN THE OFFICE 2020 受賞

電子書籍 イカ画家宮内裕賀のイカがなモノ図鑑(ワールドフォトプレス)
モノ・マガジンにてイカコラム連載中(2013〜)

これまでの展示に「全国いか加工業協同組合創立50周年記念式典」ホテルオークラ東京(2015)、「国際頭足類諮問委員会函館会議」函館国際ホテル(2015)、 「Cephalopod Interface in Crete」ギリシャ・クレタ水族館(2017)、個展「イカスイム」レトロフトMuseo(2018)、「Street Museum」東京ミッドタウン(2020)などがある。

主な掲載履歴
日本経済新聞「文化面」2012年8月2日
ユリイカ(青土社) 特集=図鑑の世界 2018年10月号
朝日新聞「ひと」2019年11月7日
水産経済新聞「魚食にっぽん」2021年12月27日

主な出演履歴
釣りビジョン「五畳半の狼」#561 宮内裕賀(1)#561 宮内裕賀(2) (2012)
鹿児島テレビ「チャンネル8」『彼女が教えてくれたこと~イカ画家・宮内裕賀~♯46』(2013)
日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」(2014)
テレビ朝日「『ぷっ』すま」イカ部 第7弾 イカ部 第8弾 (2014)
NHK総合「4時も!シブ5時」(2017)
BSプレミアム「ヤミツキ人生」(2018)
鹿児島テレビ「イカを描く〜イカ画家・宮内裕賀」(2019)
フジテレビ「KinKi Kidsのブンブブーン」(2021)


主な活動履歴
2010年6月、第14回ナマ・イキVOICE アートマーケット グランプリ
2011年7月、初個展「イカ展」レトロフトMuseo(鹿児島)
2012年4月、個展「イカ展」福岡アジア美術館交流ギャラリー(福岡)
2012年4月、コラボ「イカフェア」ホテルオークラ福岡(福岡)
2012年9月、「九州アート全員集合展」熊本市現代美術館(熊本)
2013年1月、モノ・マガジンにて連載開始(ワールドフォトプレス)
2014年10月、個展「イカがなmono図鑑展」イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫(東京)
2015年5月、「全国いか加工業協同組合創立50周年記念式典」ホテルオークラ東京(東京)
2015年10月、第30回 国民文化祭・かごしま2015開催記念特別展示「アートな海のいきものたち」いおワールドかごしま水族館(鹿児島)
2015年10月、「Cephalopod Interface in Hawai‘i」ハワイ大学(アメリカ)
2015年11月、「国際頭足類諮問委員会函館会議」函館国際ホテル(北海道)
2017年3月、「Cephalopod Interface in Crete」クレタ水族館(ギリシャ)
2017年11月、「『大隅アートライブ』展 ~カミは“すみ”に宿る~」横瀬古墳(鹿児島)
2017年12月、電子書籍「イカ画家宮内裕賀のイカがなモノ図鑑」出版(ワールドフォトプレス)
2018年3月、個展「イカスイム」レトロフトMuseo(鹿児島)
2019年2月、「第22回岡本太郎現代芸術賞入選展」川崎市岡本太郎美術館(神奈川)
2019年2月、個展「水光る町の呼子イカ画展」鯨組主中尾家屋敷(佐賀)
2019年10月、「TOKYO MIDTOWN AWARD 2019 アートコンペ」準グランプリ
2020年3月、「Street Museum」東京ミッドタウン(東京)
2020年7月、マネックスグループ「ART IN THE OFFICE 2020」受賞
2020年9月、個展「異化効果」gallery201(東京)
2020年9月、講演会「異なるイカ職人〜イカに生かされる異職の人の話〜」いおワールド かごしま水族館(鹿児島)
2021年10月、「フロム・ジ・エッジ ―80年代鹿児島生まれの作家たち」鹿児島市立美術館(鹿児島)
2021年10月、「アートラボ イカ画家 宮内裕賀 公開制作交流『イカイカ天国』」霧島アートの森 いきいきセンターくりの郷(鹿児島)
2022年3月、企画展「アートマEX.」霧島アートの森(鹿児島)
2022年3月、個展「イカ画家宮内裕賀 個展@呼子いか道楽」(佐賀)
2022年5月、2人展「透明」gallery201(東京)
2022年6月、個展「イカ画家宮内裕賀個展」ギャラリー白樺(鹿児島)